2022年10月25日 (火)

カシオペア紀行

カシオペアに乗るのが大好きです。

むかし、寝台特急の北斗星とカシオペアが通常運行しているころに、ちかくの駅のみどりの窓口で

北斗星のシングル個室は、ふつうに買えました。でもカシオペアの乗車券は買えませんでした。

乗りたいなあ~と思い続けていました。旅行会社さんのツアーをインターネットで見つけました。

はじめてカシオペアに乗れたのは、クラブツーリズムの「お一人様ツアー」でした。

 

 

 

 

2022年10月 3日 (月)

寝台特急カシオペア

カシオペアが 心配です。

あと 1年か 2年なのかなあ? 

JR東日本から とつぜん 廃車となる決定がなされても、おかしくないみたいです。

Dscn4093

鉄道マニアたちは いま牽引を担当している 機関車EF81が引退するのと同時に

たぶん カシオペアも廃車になってしまうだろうと うわさされています。

カシオペアは 自分では走れないからね~

🚌

いま「カシオペア紀行」の長大な客車を牽引している 機関車EF81のうち 2つご紹介しますね。

ふたつとも かつて寝台特急 北斗星を牽引していましたよ 上野~青森を。

ひとつめは EF81 80号機です。 かっこいいな。

Dscn4130_20221003221401

サイドの 流れ星のラインが きれいです。

Dscn4132_20221003221601

もうひとつは EF81 98号機です。

Dscn4087

こちらも 北斗星を牽引していました  かっこいいです。

Dscn4089

80号機と98号機のちがいは うえの窓まで白い塗装がしてあるのとないの のようです。

このふたつは 兄弟です。 このほかにも 兄弟が まだすこしいます。

大人気の95号機には まだ乗っていません。(牽引していただいていません)

🚌

会社という組織のなかで 生活のために働いてきました。

いまから思うと 罪もないのに 懲役40年だったような気がします。

よくがんばったわ。 定年退職をして 解放されました。

みんなをひっぱる重圧のなかで 上下や左右に気を使いながら もがいて進むよりも

機関車にひっぱってもらうのは 至福のひとときです。

だれも見ていないブログ~ ではまた いつか。

🚌


2022年9月20日 (火)

カシオペア♪

おひさしぶりです、ニフティ♪

数年ぶりに わたし 戻って来ました~ 浦島太郎みたいな感じがします。

なんか変わりましたね、まだぜんぜん仕組みを理解できていませんが。

雑草だらけと思っていた「お庭」は あまり草が生えていなかったけど~

でもジェットコースターとかは、もう設置できないみたい?

まあ、いいや。大きな木がないですね(^^;

 

寝台特急カシオペアに乗ってきました。

Dscn4130

JRびゅうさんのツアーで、上野駅から盛岡までです。ほんとは青森経由で秋田までの

ツアーだったのですが、8月の豪雨のために、奥羽本線(青森~秋田)が甚大な被害を

受けてしまい、いまも大変な復旧の作業中だそうです。

 

今回のカシオペアの牽引の機関車はEF81 80号機です。

Dscn4132

なんか スーツ君みたいですね(^^)

わたしはユーチューブとかできなので、見るのが専門です。

彼のユーチューブは とても良い感じで 勉強にもなります♪

 

参考までに 以前にカシオペアが通常運行していたときの 牽引機関車の

写真が保存してありましたので、ごらんくださいませ。

201502c13

ひさしぶりなので、今日はこのへんでおしまいにします。

わたし定年退職しました。中小企業だったから退職金も年金も少ないけれど

無理をしないで ゆるゆると♪

ちゃんと送信できるかな~

2018年6月21日 (木)

クラブツーリズム 6月の礼文島♪

行ってきました 礼文島♪

わたし なんと4回目の礼文島ですが 6月は初めてです♪

レブンアツモリソウが 咲いているかなあ~

Dscn0900

ハートランドフェリーで 礼文島に上陸し まずは昼食~ いきなり ウニ丼です♪

オレンジ色のバフンウニが たくさん入っていて 美味しかったです。

お腹いっぱいになって いざ礼文島の丘へ ~ 約3時間のハイキングです。

桃岩から南へ すたこら 歩きました

Dscn0917

前日 宿泊した利尻島は雨だったのに キセキのように 晴れました

海に浮かぶ利尻島が きれいでした♪

この写真が 今回の旅の いちばんのお気に入りです(^ ^)

クリックすると これだけ大きな写真になります

6月に咲いている 礼文島のお花。

Dscn0926

レブンキンバイソウです♪

これは キジムシロのお花です。

Dscn0939

お天気に恵まれて 気持ちよく歩きました。

Dscn0940

今回のツアーの参加者は28名。年金生活のご夫婦が8組、女性のグループさん、

男性の一人参加が わたしと 81歳の最高齢者さんでした。

14名の2組に分かれ それぞれにガイドさんがついて案内してくれました。

みんな元気に歩きました。 81歳の男性が 先頭でした♪

礼文島の宿泊は 三井観光ホテルさん。

たくさん歩いたので 美味しくいただきました♪

Dscn0948

昨年 青森の白神33湖のツアーに参加したとき 両足のひざが痛くなったので、

その反省で ゆっくりと温泉につかり サロンパスを足にたくさん貼って 寝ました♪

礼文島 2日目は あいにくの雨でした

島の中部の 礼文林道コースを 歩きました。

Dscn0963

雨の礼文島も しっとりした感じで 良かったです。

このお花は ミヤマオダマキです。

Dscn0962

ガイドの 小笠原さんです。

小笠原さんは 稚内空港から ずっと同行してくれました。

Dscn0973

お若いころ 植村直己さんにあこがれて 自然が大好きになったそうです。

いいですね~ 楽しくやさしいお花の解説 ありがとうございました。

バスガイドさんの 兼平さんも 楽しかったです ありがとうございました

このお花は ヒトリシズカだと思います。 ちがっていたら ごめんなさい。

Dscn0977_2

レブンウスユキソウは まだ咲いていませんでしたが このお花はきれいですね。

ひっそりと雨にぬれているのが いい感じでした♪

礼文林道を楽しく歩いたあと 人生初の ウニむき体験をしました。

Dscn0984

料金は800円。 わたしの前のウニ でかい! だいじょうかな~ ドキドキ。

まな板のうえのコイならぬ ウニ。 

ウニむきの 作業の途中は 省略しますね~ (画像があまりきれいでないので)

できましたよ(^ ^)

Dscn0988_2

お~ これは キタムラサキウニでなく バフンウニではないか?

まわりの人をちらり見たら みなさま 黄色いキタムラサキウニでした。

やった~ 大当たり♪  

というか こういうところで 幸運を使い果たすんですよね わたし。。。

最高に美味しかったです ありがとう。

さて 6月の礼文島といえば レブンアツモリソウです。

でもツアーの出発前に NHKのニュースで 今年はまもなく終わり~ というので

あきらめていました。 ニュースに映ったのは 茶色く枯れ始めたお花でした。。。

温暖化で 季節が早く進んでいますからね~

なんでアツモリソウという名前なのか? わたしの調査によれば むかしの武将の

平敦盛さんが 戦いのとき馬にのっていて 敵に背後から弓矢で射られるのを

さけるため 背中にまるい袋を背負っていた~ その丸い袋にちなんでいるらしい。

礼文島の北部の アツモリソウ群生地は この日が本年の公開の最終日でした。

Dscn0999_2

Dscn0995

たくさん 咲いていました かわいいお花です

Dscn1030

ごらんくださり ありがとうございます。

礼文島は漁業と観光の島だそうです。野菜は作れないそうです。

厳しい環境ですね ツアーの料金も高いです でもわたしは大好きです。

また来年も 行きたいな~ 礼文島

2018年5月13日 (日)

クラブツーリズム ハイキング初級♪

おひさしぶりです

5月は良い季節ですが ~ 朝晩と昼間の寒暖の差がありますね。

お天気の変化に なんだか体調が追いつかない感じです・・・

大気が不安定な季節で 竜巻がおおいのは 5月なのだそうです へえ~

みなさま 無理をしないで ゆるゆると

ブログの更新を ずっ~と していませんでした。

みなさまのブログも 読んでいません・・・ m(- -)m

ゆっくりと 復活していけたら いいなと思います。

ひさしぶりに 更新しているのだけど 写真が挿入できません・・・

さぼってたので バチが当たってる のでしょうか・・・ 

ようやく この1枚だけ 添付できると思います たぶん・・・

Dscn0445

なんか 銀行強盗みたい ~ いや 太った忍者みたい。

厳冬の2月の 知床です 人生初 スノーシューをはいて 歩きました

雪がたくさん積もっているので 真冬には「知床五湖の上」を歩けるのです♪

前日に雪が降りまして 当日は足跡のない新雪のうえを歩くことができました

お天気に 恵まれました

あと一枚 写真が添付できるかな~

Dscn0480

こんな感じ (送信できるかどうか 分からないけど) 知床のスノーシューです。

季節外れのブログで ごめんなさい。

けっこう エネルギーを使いますよね~ 歩くのも ブログも

ごらんくださり ありがとうございます。

クラTさんの 歩く(ハイキング初級)に 昨年の秋から はまっています。

きっかけは 秋に青森の白神12湖(全33湖)を歩く ハイキング初級に参加して

これって~ 初級なの? と思うくらい 大変だったのですが (雨も降ったし)

でも ぜんぶ歩けました

ゆるゆると たま~に参加して ブログも更新していけたらいいな と思います。

次回は6月に 大好きな礼文島を 歩いてきます。

みんなが 元気でありますように

明日がいい日で ありますように

Dscn0467_3

2017年7月30日 (日)

おひとり様のツアー 礼文島♪

みなさま お元気ですか?

わたし 会社の有給休暇をとり 思いきって 行ってきました 礼文島

クラブツーリズムです。 おひとり様が 「花れぶん」に 宿泊できるツアーです♪

Dscn0246

お天気に 恵まれました(^ ^) ハート ランド フェリー

ツアーの参加者は 5名でした。 プラス添乗員さんで 6名の旅でした。

添乗員さんは 超一流でした♪ 楽しかったです~

「花れぶん」は 礼文島で一番の 高級なお宿です。

Dscn0160

地元の水産会社が 経営しているそうです。

温泉も お料理も 部屋からの風景も 感動しました

ぜいたくな おもてなし 花れぶんの 夕食です♪

Dscn0103

美味しかった エゾバフンウニ。

Dscn0105

なんて 贅沢なのでしょう 毛ガニも

Dscn0106

ありがたや ありがたや

Dscn0232

植物園で はじめて レブンアツモリソウを 見ました

かわいい お花ですね

Dscn0222

ウニの軍艦巻き 昨年は 勇気がなくて 食べなかった~

群馬県民なので ウニは苦手だったの~ でもね いただきました  

Dscn0269

うんまかったです なんと2巻で 1200円だった 

Dscn0182

わたし 利尻島 礼文島 大好きです

みんなが元気で ありますように

明日が いい日に なりますように

Dscn0275

帰りは利尻空港から  

来年も いきたいな 礼文島(^ ^)

 

2017年6月30日 (金)

おひとり様のツアー 鳥海山♪

みなさま お元気で ござるか?

せっしゃは おかげさまで 達者にすごして おりまする。

どこか 妙な感じがされると 思うことであろう。

それも そのはず。 せっしゃは 最近 藤沢周平さんの小説に 

すっかりと はまっておるので ござる( ^ ^ )♪

せっしゃの趣味は 読書である そして 自然を歩く旅である。

旅と言っても むかしの旅は 刺客やら 盗賊やら 大変だったのじゃ。

今は三浦しをんさんの ぐるぐる博物館を 少し読んで 寝るのが楽しみでござる。

最初は茅野の 土器や土偶の 博物館か~ 尖石は とがりいし じゃな。

NHKブラタモリのフアンでござるが 三浦しをんさんのファンでもある。

せっしゃは武士として こんどは とがりいし博物館に 行こうと思う ♪

さて せっしゃは6月に クラブツーリズムの おひとりさま限定の旅に 

参加してきたので ござる 初めての 鳥海山であった。 

武士なのに わくわくしたのは 修業が未熟であったと反省しておる。

しかし 1泊2日のツアーは お天気に 恵まれて すばらしかった。

201706241

梅雨であったが 晴れ間に 残雪の鳥海山が きれいに見えたので ござる。

地元のバスガイドさんが ありえない~ とおしゃってござった。

鳥海山は きれいな湧水の 名所であったか~ うん あっぱれじゃ♪

Dscn0897

秋田の 元滝伏流水♪ 感動しました

きれいな水です~ 何十年もかけて おおきな鳥海山のなかで ゆっくりと

浄化されて あふれる滝に 感動しました ひやりと冷たい水でした。

お天気が良くて 明るい滝の写真が 撮れました 

おっと・・・ しまった わしは 武士であった。

うっかりして 申しわけないことで ござる。

武士は食わねど 高楊枝~

でもの~ フォレスタ鳥海の 宿の夕飯は うんまかったぞよ。

Dscn0813

せっしゃは 下級の武士である。 しかし 同じものをいただいても

たいしたことなかったと がっかりしている者もおった。 かわいそうだ。

価値のモノサシが まちがっておる と思ったが せっしゃは何も言わなんだ。

この世の至福をいただいたので それで良いのだ。

現代も 江戸の世も ありがたいと思える気持ちが たいせつじゃの。

樹齢300年 (だったかの)

鳥海山麓の このブナの巨木は なまえがある あがりこ大王である♪

Dscn0888

すごい 良かった~感動 もう 武士じゃなくて いいや♪

どうせ ほんとうは 武士じゃないしね~

あがりこは お父さんが こどもを おんぶしている姿だって♪

一泊二日の クラブツーリズムの鳥海山麓の旅 楽しかったです。

添乗員さんも すてきでした。 ありがとうございました。

わたし いろんなツアーに参加してきました。

そのなかで この鳥海山麓の自然と 礼文島の自然が いいなと思います。

お財布と相談しながら リピーターになろうと思います。

そうそう 大間の長宝丸さんの マグロも 大好きです♪

ごらんくださり ありがとうございまする。 

2017年5月 6日 (土)

アイヌ語の すてきな地名(2)

ヤム ワッカ ナイ ~ 冷たい 飲める水 沢 ~ 稚内♪

稚内へ行きました 目的地は その先にある 礼文島と利尻島です。

みなさま 前回の復習です。 アイヌ語の シリは 島でした。

礼文は レプン シリ ~ 沖の 島。 利尻は リイ シリ ~ 高い 島。

クラブツーリズムの お一人さまの旅に参加して はやいもので2年~

すっかり はまっています(^ ^)

いままで行ったなかで いちばん良かった場所が 礼文島と利尻島です。

2回目です お天気は 晴れ でもね~ 強烈な西風が 吹き荒れ続けました

20170501

ハートランドフェリーが  かなり 左右上下 揺れました

宗谷交通の バスガイドさん 

「春がくるとね 島は たま~に 強風が吹きますよ」

とおっしゃっていましたが たぶん 春はいつも 強風みたいです。

20170502_2

お~ 残雪の 利尻富士が見えた

デッキの外は ゆれていて 風に飛ばされそうでした~

ネイチャーガイドさんと 礼文島の北にある 久種湖(くしゅこ)を散策。

20170503

強烈な西風ですが イヤホンガイドのおかげで お話が 良くわかりました。

Dscn0651

ありがとうございました♪ 

久種湖で かわいいミズバショウを見つけました。(^ ^)

20170504

今回わたしは お一人さまのツアーでなく 初めて 一般のツアーに参加しました。

なぜならば 五月の連休に 島へ行くツアーは これしかなかったのです。。。

参加者はぜんぶで38名でした お一人さま参加は わたし一人だけでした

ご年配のご夫婦が9組 小計18人。 お若いOLさんグループが複数いらして、

お母さんと娘さんたち、おばあさんと息子さんご夫婦など 小計19人。

あれ? 18+19=37 いっぴき 足りない~ 

わたしです 合計で38名。 

20170508

クラブツーリズムのプレミアムステージでは バスはご夫婦は仲良く相席なのですね。 

3名で参加のOLさんや女子大生たちは 横並びの4席が割り当てられます。

唯一のお一人参加のわたし ずっと2席に一人でした。 ありがとございました。Ogp

いいな 利尻富士。 こうやって 遠くから眺めるのが 良いですね

20170512_2

画面の左から右へ 風が吹き荒れていて 山頂に雲がわきます。

ウニの漁期は 礼文島のエゾムラサキウニが 3月から8月まで。

礼文島の バフンウニは 6月から8月まで だそうです。

利尻島では エゾムラサキウニも バフンウニも 6月~8月だそうです。

礼文島の漁協直営店さんで いただきました エゾムラサキウニ。

20170509_2

なぜかホタテ貝にのってました。 これは焼いたウニです うんまかった

小皿のなかにあったのは 生のエゾムラサキウニです

20170510_2

群馬の山育ちのわたしは ウニが嫌いだったけど これは美味しかった

ごらんくださり ありがとうございます。

20170511

みんなが元気で ありますように

20170506

礼文島で咲いていたお花 キバナノアマナ

あ、忘れてた、ごめんなさい~

アイヌ語の すてきな地名の講座 その2 ナイは 川です。

川や沢 水の流れには ナイ ベツ いろいろな言葉があるようです。

ナイとベツの違いは 流れの大きさだと バスガイドさんが教えてくれました

こんどは 強風じゃないときに また行きたいな

«アイヌ語の すてきな地名(1)

フォト
無料ブログはココログ